CTESTWIN

これはコンテストのデュプチェック及びログ作成印刷を行うコンテスト用ログプログラムです。
下記のコンテストのマルチチェック機能を持っています。

JARL QSO パーティー
・All JA コンテスト
・6m & down コンテスト
・Fild day コンテスト
・全市全郡コンテスト
・CQ WW DXコンテスト
・All ASIAN DXコンテスト
・ARRL International DXコンテスト
・CQ WW WPXコンテスト

・WAEコンテスト
等のコンテストに対応しています。

又、
・ユーザ定義マルチのコンテスト(RST+ユーザ定義マルチ)
・ユーザ定義マルチ(点数付)のコンテスト(RST+ユーザ定義マルチ)

のコンテストにも対応可能です。


 

対応コンテスト一覧
ユーザ定義マルチのコンテストは
マルチチェック用MDファイルダウンロードページをご覧下さい。



電子ログデータ出力(コンテスト結果をメール提出するデータ作成)

JARL電子ログシート出力 (R1.0 R2.0)に対応していますのでコンテスト結果を メールで提出する事が可能です。
ADIFファイル出力(電子QSL用 データ作成) 、Cabrillo形式(Ver2、Ver3)ログファイル(WW,WPX,ARRL,JIDX,ARRL 10 Meter
,All Asian DXコンテスト)の電子ログ用データ作成等、チェックリスト(JST,UTC)、HAMLOG TXTフォーマットファイル作成、JARLログファイル出力(CSV)及び、パーシャルチェック用データ ベースファイルとしてなど、色々なファイル出力に対応しています。
JARLコンテストログシート
サマリーシート印刷する事も出来ます。
JARL電子ログ(新および旧フォーマット)ファイルをインポートする機能
・JARL電子ログファイル出力にJARL推奨新フォーマットに対応

 


JARLコンテストログの印刷

JARLコンテストログやサマリーシートの印刷、ログの印刷、デュプチェックリストの印刷 が出来ます。
 




 

 








マルチチェック

マルチチェックを指定した場合はマルチのWindowが表示されます。
赤がマルチQSO済みを示します。DXCC,WPXの場合はQSO済みのみが表示されます。
・Telnetから得たデータをマルチチェックして、未取得マルチの局を表示する機能


 


























パーシャルチェック、CW送信

コールサイン入力欄に2文字以上入力されると現在のログとデータベースを探し、一致するコールサイン一覧を表示します。












USBIF4CW
/WinKeyer2をサポート。
USBIF4CW制御 設定手順


COMポート(RS-232C)のDTR端子を使用してCWの送信を行う機能をサポートしています。
COMポートが無いノートPCの場合は市販のUSB-シリアル変換ケーブルを使えば本機能を使用できます。

キーボード入力でCW送信する機能

















 








リグコントロール機能

PCをリグに接続することにより、周波数、モードを自動的に切り替えることができます。
マルチバンドで参加したときにCTESTWINの周波数やモードの切り替え忘れを防ぐことができます。
コールサイン入力欄に数字を入れると、リグをその周波数に設定することができます。



その他の機能

JARL電子ログサマリーシートR2.0に対応
・MMTTY/MMVARIの送信電文を保存/読み込む機能
・Band Mapに予め登録した局に背景色を付ける機能及び自局コールに色付けする機能
・ADIFファイルインポートにてGrid Locatorがある場合は、備考に取り込む機能
・方位・距離表示機能にて、ctestw.glファイルに記載されている局の方位、距離を表示する機能
・QSOデータ,Hamlog等からGrid Locatorを読み込む機能
・方位距離の右にGrid Locatorも表示する機能
・DX局の方位、距離を表示する機能Call欄にグリッドロケータを入力して、自局からの方を表示する機能
・2波種目(JARLコンテスト)/MULTI-TWO(WW DXコンテスト等)の送信機番号をサポート
・入力済みデータのデュプチェック機能
・1.9MHzの表示を1.8MHzに変更する機能
・設定値(ctestwin.ini)を保存、復元する機能
・MMVARIをサポート ・データ登録時にRITをクリアする機能 ・CWのランニングモードで、MyRSTが不正でかつコールサインが修正された場合は、コールサインを打ってからNR?を打つ機能 ・Cabrilloファイルのインポート機能 ・Call入力時(Dupe check時)にEntityを表示する機能 ・BandMap表示機能 ・パーシャルチェックファイルにSCP,DTAファイル読込機能 ・他バンドのマルチ取得有無の表示機能 ・サブデュプチェック機能 ・CTESTWINの2重起動機能 ・QTCデータ送信機能(WAEコンテスト CW) CQ WWDXコンテストでZoneを自動的に入力する機能 ファンクションキーで任意のwav,wma,mp3ファイルを再生する機能
・MMTTYでCQ繰返し機能 ・QSOレート表示機能 ・QSO結果の分析機能 ・リグコントロールにVFOダイヤルと一致した局のcallを自動的に入力する機能 ・メイン画面を列ごとに昇順、降順にソート表示機能 ・Telnetクラスター連動機能 ・録音機能 ・Functionキーの割当内容の表示機能 ・DirectSoundによるCWのトーン再生機能 ・HAMLOG V5のCSVファイルを出力したときに、HAMLOGのhdbファイルをバックアップする機能 ・音声メモ機能 ・Dupeの場合にCW QSOを優先する機能 ・zLog.txt/zLog.allファイル読込機能 ・PTT制御機能 ・備考入力する機能 ・重複交信も記憶できる機能 ・001からカウントアップするコンテストに対応 ・音声CQマシン機能 ・ボイスメモリ再生機能 ボイスメモリ再生 USBIF4CW Gen.3 設定手順 ・Windowサイズ変更、表示フォント変更機能 ・TXT形式ログファイル入力 ・手書きログ等の過去交信済みデータの連続入力 ・CWの挨拶切替時刻設定機能 ・10分タイマーサポート ・QSOレートグラフのWindow、点数表示のWindowと一部のマルチ表示のWindowを右クリックで 画像と文字をコピーする機能







Ctestwinダウンロードページへ

メニューフレームが表示されない時は『ここ』をクリックしてください。